カテゴリ:平成29年度年度事業報告書( 1 )

平成29年度年度事業報告書

平成29年度年度事業報告書


平成29年4月1日から30年3月31日まで

特定非営利活動法人移植への理解を求める会

先進医療推進事業

修復腎移植は、20171019日先進医療技術審査部会で条件付きの承認を受けた。条件としては、9年間で42例、そのうち5年間は観察期間とし、チェックの委員会に学会の医師が参加すること、さらに4名の腎臓定着が失敗した場合中止にするという厳しいものである。保険適用まで最低9年は必要で、移植を待つ患者にとっては厳しいものとなった。当会では、野村副理事長と、河野事務局長が審査部会を傍聴し、会議終了後、記者クラブで取材を受けた。

1117日向田理事、野村副理事長で上京し、内閣府に修復腎に関する陳情に行った。その後、お世話になった方々と共に今後の方針についてアドバイスをいただく会を開催した。


会報の発行及び啓発関連事業

201747日、825日、1020日、2018326日に会報を発行した。特に、1020日発行の会報第26号は、市立宇和島病院が腎臓移植を開始して40周年になるということで、記念イベントの告知を兼ねて各方面に配布した。4724号は、修復腎移植先進医療技術部会で継続審議に、総会の告知、416日開催した中国の臓器狩りに関する上映・講演会について、82525号は、粟屋剛先生と国際人権弁護士のデービッド・マタス先生の講演の要旨を掲載した。32626号は愛媛の移植40周年祝賀会の内容、当会顧問の横田弘之県議が県議会代表質問で修復腎移植について代表質問を行ったことを報じた。

講演会については、416日松山市総合福祉センターにおいて講師にエンヴァー・トフティー氏(元外科医、EOP国際ネットワーク顧問)を迎え、「中国の「臓器狩り」を考える会」を開催。その後、意見交換会を行った

618日定期総会記念講演において、岡山大学名誉教授の粟屋剛先生(現岡山商科大学教授・生命倫理)に「修復腎移植と患者の自己決定」、国際人権弁護士のデービッド・マタス先生(カナダ在住)に「中国の『臓器狩り』について」のテーマで、講演していただいた。


愛媛の移植40周年記念事業

宇和島市立病院で腎臓移植が始まって今年度で40年を迎えるということで、1126日宇和島市ホテルクレメントにおいて、愛媛の移植にゆかりのある福田康彦先生を講師に迎え「愛媛の移植40年に思う」というテーマで記念講演会を開催した。その後、岡原宇和島市長をはじめ、万波先生など当時を知る方々をはじめ県外からも多くの方がかけつけ講演会、祝賀会は盛会となった。


先進医療技術審査部会での身内で実施するのは、不適切ではないかとの声を受け、確認委員会は解散し役割を終えた。


腎臓移植に関する情報提供事業はホームページが随時更新され多くの閲覧があった。事務局においての相談事業は27件だった。


2 事業の実施に関する事項

(1) 特定非営利活動に係る事業

定款の

事業名

事業内容

実施

日時

実施

場所

従事者

の人数

受益対象者の

範囲及び人数

支出額

(千円)

修復腎移植の推進を図る事業

先進医療推進事業

1019

1117

厚生労働省・内閣府

のべ

4

不特定多数

272

腎臓移植問題に関する相談事業

電話、メールにおける移植関連相談事業

41

2018

331

事務局

2

27

腎移植者及び慢性腎不全患者、一般

0

腎臓移植推進のための啓発、要請活動をする事業

修復腎啓発事業・ホームページ

随時

講演会

416

618

事務局

松山市総合福祉センター他

5

ホームページ不特定多数

50

81

腎臓移植推進のための啓発、要請活動をする事業

愛媛の移植40年記念講演会

1126

宇和島

市ホテ

ルクレ

メント

5

60

600

腎臓移植に関する会報及び出版物製作事業

会報の発行

47

825

1020

2018

326

事務局他

3

延べ360

正会員・賛

助会員・協

力者・他

31


e0163726_15401379.png

事業費注記
e0163726_15410307.png
e0163726_15422068.png
e0163726_15430377.png


[PR]
by shufukujin-katudo | 2018-10-03 15:12 | 平成29年度年度事業報告書